【L’Arc】 LOVE FLIES レビュー【ラルク】

REAL

ど〜もtoniemonです☆

今回は1999年にシングルとして発売されたLOVE FLIESについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:hyde 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:REAL

再生時間:4分53秒

スポンサーリンク

レビュー

乾いたギターから始まるイントロが印象的な曲。

この曲はあまり効果音を使わず、4人の音だけで構成されているため、4人のグルーブ感がさらに際立っているように感じる。

ミディアムテンポのハードロックといった感じなので、好き嫌いを分けてしまうかも。
(ちなみに自分は好きです!)

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★★☆☆

Aメロ音程は取りやすいかな。

サビが高いので、ここを渋めな感じで歌うとメリハリが出て、カッコ良くなるのでは。

一番カッコ良く決めたいのは2番のサビの後、ギターソロの前の部分。

もっとそばに来て・・・感じていたい

もっと何が欲しいか言って・・・さぁ!

ここは声を張るよりも、囁くような感じで歌う方が雰囲気でますね。

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★★☆☆

イントロの部分が弾ければ、その後サビに入るまではほとんど同じ構成なので、それだけで曲の半分ぐらいは弾けるようになります。

手の動きは多いので、左手のポジショニングに注意し、サビに入る前の部分をミス無く弾けるようにしましょう。

ここミスすると、ダメージでかいですw。

サビはオルタネイトでしっかりリズムをキープできれば、そこまで難しくは無いです。

サビは1か所ピッキングハーモニクスを使う部分があるので、そこはしっかり音を出せるようになれば、Good!

速弾きも少ないので、ギターソロも難易度としては低い方だと思います。

アウトローはイントロとは違って単音部分が増え、ピッキングの強さも弱めにして、雰囲気出せば、良いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ベース

ベースの難易度 ★★★☆☆

左手の動きが多いので、押し間違えないことと、テンポをしっかりキープすることが大事だと思います。

弾けるようになれば、準備運動の曲としても良いです。

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました