【L’Arc】 get out from the shell – asian version- レビュー【ラルク】

REAL

ど〜もtoniemonです☆

今回はアルバム『REAL』に収録されているget out from the shell – asian version-のレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:yukihiro 編曲:L’Arc〜en〜Ciel

収録アルバム:REAL

再生時間:4分16秒

スポンサーリンク

レビュー

シンセサイザーのようなギターの音で始まるイントロが特徴の曲。

yukihiro作曲の曲らしく、打ち込みを多用しています。

ベース音も打ち込みにしており、tetsuyaは6弦ベースで高めの音を出しています。

ライブでは間奏部分をken曲とユニゾンするような感じで弾いてます。

 

曲のタイトルの和訳は『殻から飛び出せ』ですね。

 

日本語歌詞の曲は『get out from the shell』でSTAY AWAYのカップリング曲として収録されています。

個人的には英語歌詞の方がこの曲は合っていると思ってます。

 

ライブでは間奏部分でyukihiro曲特徴の掛け声があります。

最近ライブではあまり演奏されなくなった曲ですが、ライブ映像でしっかりチェックしておきましょう!

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★☆☆☆

キーの高さはそんなに高くありません。

ただ英語歌詞なので、ちゃんと英語の発音ができるようになってから歌う方が良いです。

カラオケの画面を見て、カタカナを追いかけるのはしんどいです。

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★☆☆☆☆

 

ギターのレベルとしては簡単な方です。

難しいのはギターのセッティングかもしれません。

イントロ部分をCDと同じようなセッティングは工夫がいると思います。

自分はCDと同じ音のセッティングではなく、ライブと同じようにクリーンまたはクランチぐらいのセッティングで弾いてます。

 

最初の間奏のリードギターは、ワウを入れてます。

ただのディストーションだけだと、なんか雰囲気出ないなぁと思って。

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました