【L’Arc】ベースが超絶かっこいい曲 ベスト5曲【ラルク】

おすすめ

バンドの音としては、どうしても控え目、地味な感じに捉えられることの多いベースですが、ラルクのベースは違います。

tetsuyaのセンスによるところが大きいですが、ラルクのベースはとてもメロディアスで、『歌うベースライン』なんて呼ばれることも多いです。

そんなラルクの曲はどれもベースラインがかっこいいのですが、あえて5曲選んでみました。

スポンサーリンク

ベースが超絶かっこいい曲

花葬

曲調としてはダークな1曲ですが、曲の土台となるベースがかなりメロディアスに動いている分、重くなり過ぎない印象を受けます。
この曲はまさに『歌うベース』が表現されている曲です。

お気に入りポイント

サビ

fate

イントロから1番のサビまではギターの音などが少なく、tetsuyaのベースの動きがとてもわかりやすい1曲です。
その分、tetsuyaの凄さがわかりやすいとも言えます。

サビまではリズミカルにメロディを刻むベースですが、サビに入るとルート音を重視した重厚なベースラインに変わります。
tetsuyaの特徴として、このようにサビまではメロディアスに動いて、サビはルート音でしっかりと支えるっていう曲が多い気がします。

お気に入りポイント

Aメロからサビの前

HEAVEN’S DRIVE

イントロから最後までベースラインが暴れっぱなしの1曲です。
ライブではテンポアップして、コーラスもやってるのに、テンポが崩れないってのはすご過ぎます。

お気に入りポイント

イントロ

ROUTE 666

ベースだけでもお腹いっぱいになれる曲。
いや、他の楽器もあるからこそ、ベースソロの部分が輝いて聞こえるのかもしれません。

ベースソロがこの曲で一番好きなところですが、

傍観者のゴシップ そびえるCanyon de Chelly


の部分のベースがどんどんかけ上がっていく感じのところも、良いですよね。

お気に入りポイント

ベースソロ

Blame

この曲は一定のベースラインが繰り返されるような構成になっています。
けど、そこのベースがかっこいい。

この曲は2014年の国立競技場ライブのアウトローがかっこいいです。
ぜひBlu-rayなどでチェックして欲しいです。

お気に入りポイント

ギターソロの後

スポンサーリンク

惜しくもベスト5に入らなかった曲

いや、本当にベースがかっこいいラルクの曲は多いんです。
だからベスト5に絞り込むのはかなり大変でした。

ベスト5に入れたかった曲を紹介しておきます。

  • Shout at the Devil
  • New World
  • HONEY
  • In the Air
  • STAY AWAY
  • Blurry Eyes

スポンサーリンク

最後に・・・

どうしてもベースってなかなかライトが当たりにくいパートですが、ラルクのベースは存在感が抜群です。

そして、かっこいいので、自分も弾いてみたいと思い練習するのですが、コピーするのは難しいです。
とりあえず弾けたとしても、tetsuyaの雰囲気を出すのはなかなかできないです。
だからこそ、tetsuyaの凄さがさらにわかる訳なのですが。

今回、ベスト5を選んでみて思ったのは、個人的に今の5弦ベースよりも4弦ベースのベースラインの方が好きなのかなということでした。
5弦ベースは5弦ベースでかっこいいのですが、4弦ベースの時の高い音を出す感じの方が好きですね。

まだまだtetsuyaのベースを聞きたいので、新曲を出してくれることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました