【L’Arc】 ROUTE 666 レビュー【ラルク】

REAL

ど〜もtoniemonです☆

今回はアルバム『REAL』に収録されているROUTE 666のレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:hyde 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:REAL

再生時間:4分28秒

スポンサーリンク

レビュー

疾走観あふれるhydeロック。

イントロのドラムから、いきなりアドレナリン全開にしてくれます。

曲のイメージは荒野を疾走するバイクでしょうか。

 

2番のサビの後のベースソロ、そこからギターとドラムが加わり、hydeの巻き舌からのギターソロという流れが秀逸過ぎる!

 

この曲の読み方は「ルート シックス シックスティー シックス」です。

意味としては、「国道666号線」ってことですが、もちろん666は悪魔の数字からの由来です。

このへんがhydeらしいです。

歌詞にも

死神とタンデム

とある通り、悪魔の道なんでしょう。

 

アルバム『REAL』を引っ提げたツアー、『REALIVE』と『TOUR 2000 REAL』では演奏されていましたが、それからなかなかライブでは披露されず・・・

しかし、2015年の『L’ArCASINO』で久々に演奏されました。

yukihiroのドラムが始まった途端、多くの観客から大きな歓声があがりました!

この曲はライブ映えするので、もっと演奏して欲しいと思います。

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★☆☆☆

キーは高さだけで言うと、サビの

help me! help me!

の『へ』が高いですが、あとはそれほどキーは高くないので、歌いやすい部類に入ると思います。

 

もしhyde感を出そうとするならば、

回転を速める 〜 火を吹きそうなエンジン

のところをウイスパー気味に歌うのが良いでしょう。

 

また

the roses! fall down! then crush!

の「roses」、「down」、「crush」は少しシャウト気味に歌うとかっこ良くなります。

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★★☆☆

 

曲のテンポが速いので、基本はオルタネイトピッキングが良いと思います。

手首の振りに自信のある人は、

you wanna come along on

の部分はダウンピッキングのみでチャレンジしてみてください。

自分はCDのテンポでは、まだなんとかできるのですが、『REALIVE』のようにテンポアップしていると無理です・・・

DVDとかで確認してもらうとわかりますが、kenの手首の振りがヤバイです。

この部分はミュートするところはしっかりとミュートして、メリハリをだしましょう。

 

この曲はギターソロが長めですが、めちゃくちゃ難しいフレーズがあるわけでもないので、ギターがあまり得意でない人の良い練習になると思います。

テンポが速いので、最初はついていくのが大変かもしれませんが、まずはゆっくりのテンポで弾けるようになってから、徐々にテンポアップしていきましょう。

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました