【L’Arc】 死の灰 レビュー【ラルク】

ray

ど〜もtoniemonです☆

今回はアルバム『ray』に収録されている死の灰のレビューを書いていきます。

 

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:tetsu 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:ray

再生時間:4分8秒

スポンサーリンク

レビュー

アルバム『ray』のイメージを印象付けるような、ハードかつ退廃的な曲。

tetsu作曲の中では珍しく、シンプルなミディアムテンポのハードロック系の曲となっています。

 

『死の灰』は一般的な意味では、

原水爆・原子炉の爆発時に、遠くまで飛び散る、放射能を含んで人命に害のある灰

となっています。

この曲のタイトルである『死の灰』がこの意味と同じように使われたかはわかりませんが、良くないイメージのものであることは容易に想像できます。

 

ライブでは『1999 GRAND CROSS TOUR』、『CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE』では演奏されていましたが、最近は演奏されていません。

この曲はhydeもギターを持って歌います。

 

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★★★☆

 

キーは高めです。

特にサビの出だしの『死の灰か何か?』の『死』の部分が高いです。

声が裏返らないようにしっかりと発声できるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★☆☆☆

 

テンポもあまり早くなく、ギターソロでの速弾きもないのでレベルとしてはそこまで難しい曲ではありません。

kenはライブでは、『夢のように〜』からの部分はCDではクリーントーンで聞こえる部分を弾いています。

(hydeがリフ部分を弾いてます)

実際のライブでは歪ませたまま弾いていますが。

 

この曲はカッティングの練習にもなるので、ギター初心者の方にはオススメできる曲です。

 

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました