【L’Arc】 花葬 レビュー【ラルク】

ray

ど〜もtoniemonです☆

今回はアルバム『ray』に収録されている花葬のレビューを書いていきます。

 

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:ray

再生時間:5分13秒

スポンサーリンク

レビュー

1998年の3曲同時リリースの中の1曲。

ダークな雰囲気の中にも、メロディや歌詞の美しさが光る曲になっています。

 

間奏のセリフ以外はすべて日本語の歌詞となっていて、メロディの雰囲気と合わさって『和』の雰囲気が醸しだされています。

また間奏の英語のセリフはkenによって作られたものです。

ライブではken自身がセリフを言っています。

 

この曲が発表された後、ラルクのマネをする人はHONEYよりもこの曲をマネする人が多かったです。

サビ直前の『Ah ha』を特にマネしている同級生がやたらといましたw

 

世界観は完全に『死』をイメージさせるものですが、ここまで美しい仕上げるのはすごいです!

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★★★☆

 

サビの裏声部分がきれいに出るかがポイントになると思います。

サビ以外は音程は高くなく、テンポも早くないので、しっかりと音が取りやすいと思います。

 

あと、一番のポイントはサビ前の『Ah ha』をいかにかっこよく歌えるかじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★★★☆

 

一番のポイントはイントロとアウトロでしょう!

この部分はクリーンか少し歪ませたクランチのエフェクター設定で弾くことが多いと思いますが、少しでもミスすると目立ちやすいです。

音を出さない弦はミュートしながら、弾けるようになると良いと思います。

『チャッ』というカッティングが綺麗に出せるようにしましょう1

 

サビのアルペジオやサビの後の間奏については、そこまで難しくないです。

 

ギターソロについても難しいレベルの運指ではないので、わりとすぐに弾けるようになると思います。

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました