【L’Arc】 HONEY レビュー【ラルク】

ray

ど〜もtoniemonです☆

今回は1998年にシングルとして発売されたHONEYについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:hyde 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:ray

再生時間:3分49秒

スポンサーリンク

レビュー

L’Arc~en~Cielの代表曲。

ラルクのシングルの中で、最大の売り上げを記録した曲です。

当時、このHONEYと一緒に、花葬、浸食 ~lose control~の3曲同時シングルリリースとなり、大きな反響を呼びました。

 

曲はシンセサイザーのアレンジもなく、ギター、ベース、ドラムのみでシンプルなロックサウンドで構成されています。

だからこそ、4人の良さがライブでも一段と映える曲です。

 

ライブではhydeがギターを持って歌う数少ない曲の中の1曲です。

hydeがギターを持つと、HONEYかHEAVEN’S DRIVEだなってだいたい予想できます。

 

ロックでノリも良く、知っている人も多いので、ドライブ用のBGMとしておススメです。

歌詞もドライブに合ってる感じがするじゃないですか。

かわいた風をからませ

あなたを連れてくのさ

とか彼女を乗せてどこかへ行こうとするシチュエーションにピッタリだと思います。

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★★☆☆

 

ラルクの曲の中では知名度の高い曲なので、ラルクをあまり知らない人がいても、カラオケで歌いやすい曲だと思います。

この曲は最初の歌い出しが重要です。

最初のサウンドはギターだけなので、歌声が目立ちます。

だから、ここでは音を外さないように丁寧に歌っていきたいところです。

 

サビでは「限りない夢を」の部分の高音がポイントです。

ここで、しっかりとした高音を出せるとカッコよくなります。

個人的にはいきなり高くなるこの高音が出しづらいので、いつも苦戦してます。

キンキン声にならないように、現在も練習中です。

 

あとは、「I want to fly」などの裏声部分ですね。

音を合わせることと、裏声でも何を言ってるかわかるように発音することが大事です。

 

ラルクの曲の中では、知名度もあり、ノリの良い曲なので、ぜひとも練習をこなして、歌いこなせるようにしたい1曲です。

 

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★★☆☆

 

この曲はhydeパートとkenパートでダブルギターで構成されています。

歌の始まりはhydeがライブでも弾いていますが、単純なコードだし、サビの部分もhydeパートは特に難しいことはないです。

 

kenパートですが、サビとギターソロ以外は簡単なコード弾きになるので、難しくないです。

サビですが、それまでのコードと違って、かなりメロディアスになります。

最初は覚えるのに苦労するかもしれませんが、難しい運指は無いので、すぐに弾けるようになると思います。

 

ギターソロは自分はファズとワウを組み合わせて、サウンドクリエイトしています。

CDに忠実に弾くより、雰囲気だけ真似て、自分なりにアレンジしてます。

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました