【L’Arc】 NEO UNIVERSE レビュー 【ラルク】

REAL

ど〜もtoniemonです☆

今回は2000年にシングルとして発売されたNEO UNIVERSEについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:REAL

再生時間:4分09秒

スポンサーリンク

レビュー

2000年というミレニアムの1発目に発表された曲。

ラルクとしては初めて、両A面シングルでの発売となりました。

(もう1曲はfinale)

打ち込みが多用されていて、ロックというよりはかなりポップな仕上がりになっています。

ポップな感じとメロディーラインの美しさから、普段あまりラルクに興味がなかった人でも、「この曲は好き」っていう人が多いです。

化粧品のCMのタイアップとして使われていたのも、いろんな人にこの曲を知ってもらえた要因だと思います。

この曲は今までのシングルと違って、楽器隊に新しい試みがされています。

まずギターはE-BOWという弦に近づけるだけでサスティンをコントロールできるアタッチメントが使用されていて、どこまでも音が伸びていく感じが曲に広がりを生み出しています。

またベースは6弦ベースが使用されていて、間奏では伸びやかなギターをバックに、ベースソロが展開されています。

 

当初、ライブでは原曲キーで演奏されていましたが、やはりサビの高音がキツイのか、現在ではキーを下げて歌われています。

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★★★★

男の自分には、この曲を原曲キーでうまく歌える気がしません。

何度かカラオケでチャレンジしてみましたが、無理です。

1番を耐えたとしても、2番のサビが無理です。

喉がやられます。

サビの高温がでない人は「hydeもキーを下げているんだから」と割りきって、無理せずキーを下げて歌うことをおススメします。

 

Bメロの低いところからサビに向けて、徐々にキーが上がっていき、サビで高音全開で盛り上げたいですが、なかなか張りのある綺麗な高音を出すのが難しいです。

あと、一番最後の裏声。

あの高さの裏声も結構キツイです。

 

この曲はレビューでも書きましたが、ラルクの曲の中でも他の人に受けの良い曲なので、歌える自信のある人はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★☆☆☆☆

この曲はE-BOWがないと、イントロとかベースソロなどの音の伸びが再現できないので、少し特殊な曲になると思います。

自分はE-BOWを持っていないので、エフェクターで調整して、できるかぎりサスティンを効かせる設定にしています。

※E-BOWは下記

 

 

そのほかは簡単です。

特に何も難しくはないと思います。

というよりは他の曲と比べて、あまり弾いていないという感じなので、自分的には弾いていて少し物足りなさを感じます。

良い休憩になるような曲と感じですね。

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました