【L’Arc】 It’s the end レビュー【ラルク】

ray

ど〜もtoniemonです☆

今回はアルバム『ray』に収録されているIt’s the endのレビューを書いていきます。

 

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:ray

再生時間:3分25秒

スポンサーリンク

レビュー

この曲を聞くと、爽やかでない疾走感を感じます。

Driver’s Highとか自由への招待は爽やかな疾走感ですが、この『It’s the end』はその逆で、疾走感はあるけど、爽やかでない。

曲のタイトルと歌詞からも少し退廃的なイメージがあるからだと思いますが。

 

1999年のGRAND CROSS TOUR以来、2015年のL’ArCASINOで歌われました。

L’ArCASINOで実際生で聞きましたが、まさかこの曲を演奏してくれるとは思ってなかったので、かなり嬉しかったです。

ライブでは、hydeがタンバリンを鳴らしながら歌うことが多いです。

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★☆☆☆

 

キーの高さで言えば、そこまで高くないので歌いやすいと思います。

テンポも合わせやすいと思うので、ラルクの曲の中では歌うことが比較的やさしい曲に入ります。

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★★☆☆

 

構成を大きく分けると、3つ。

イントロ、メロからサビ、ギターソロ。

 

イントロでは、単音に別弦の音を重ねて弾くということがされています。

出だしは5弦の開放弦を鳴らしながら、3弦の単音を弾いていっています。

こうすることで、音に厚みをましているので、別弦の音にも気をつけながら弾いていきましょう。

 

メロからサビはカッティングに注意です。

 

ギターソロは難しい速弾きは無いので、さほど難しくないと思います。

 

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました