【L’Arc】 CHASE レビュー 【ラルク】

BUTTERFLY

ど〜もtoniemonです☆

今回は2011年にシングルとして発売されたCHASEについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:ken/hyde 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:BUTTERFLY

再生時間:4分28秒

スポンサーリンク

レビュー

作曲がkenとhydeの初合作作品の1枚。

イントロ始まりの『calling』というフレーズからゾクゾクするような低音の打ち込みがあり、疾走感溢れるサビへと続いていきます。

あの低音の感じが個人的にはたまりません。

また最初のギターリフも好きです。

ゾクゾクするような低音からの、hydeの歌いだしからの、ギターリフからの、ベースとドラムも合わさっていくという感じがたまりません。

 

ところで、CHASEは日本語で『追跡』という意味があります。

歌詞の途中には『Now let’s play tag!』もあり、このtagは鬼ごっこの意味です。

だから曲の最後で『onigokko!』というコーラスがあるのです。

 

個人的にはシングルに収録されていた、英語バージョンの方も好きです。

この曲は雰囲気的に英語詞の方が合っている気がします。

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★★★☆☆

 

この曲はサビが後の方になるほど、高音を伸ばすような感じになるので、そこでしっかりとした声が出せるかがポイントだと思います。

ここで声が出てないと、この曲はカッコよくならないので、お腹から声出しましょう。

 

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★☆☆☆☆

 

ラルクのシングル曲の中ではこのCHASEは一番簡単な曲だと思います。

正直運指は難しいところがありません。

ギター初心者には一番最初にチャレンジしてもらいたい曲です。

この曲のポイントは一番最初のギターリフだと思います。

ギターがかなり目立つ部分であり、かっこいい部分なので絶対にミスしないように練習しましょう!

あと裏のポイントは2番のサビの後の部分。

ネック部分をピッキングして、キーンと高い音を出すところです。

しっかりとタイミングを合わせて、高音を響かせちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました