【HYDE】 ライブレポート:20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021 

HYDE

2021年6月30日に開催された20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021@オリックス劇場に行ってきましたので、そのライブレポートをします!

スポンサーリンク

オリックス劇場へ向かう

平日なので、仕事が終わってからライブのあるオリックス劇場へ向かいました。

家を出たときは、小雨がパラつく程度だったのですが、オリックス劇場最寄りの本町駅に着いた時には、めちゃくちゃなどしゃ降り・・・

せっかくドレスを着ていた人もいましたが、大変そうでした。

自分も靴の中とズボンの1/3がめちゃくちゃな状態になっていました・・・

オリックス劇場に到着すると、大阪の新型コロナ追跡システムに登録して、その登録確認メールを見せて、エントランスに入ることができました。

入り口付近は、雨でびちょびちょに濡れた人が、システムの登録でいっぱいになってました・・・
まぁこれはコロナ対策なので、仕方ないですね。

そのあと、検温してチケットを見せてやっと、劇場内に入ることができました。

今回は、S席を購入していたのですが、1階の後ろの方でした。
でも劇場なので、段差があって、ステージが見にくいということはなかったです。

スポンサーリンク

ライブスタート

いつもの通り、午後6時66分にスタートしました。

今回のライブでは、20年前に発売されたアルバム『ROENTGEN』をもとに新曲やラルクなどのオーケストラアレンジを加えた構成になっていました。

『ROENTGEN』の曲はアルバム順に演奏され、途中に他の曲を演奏するという感じです。

オーケストラスタイルは、席に座ってじっくりと音楽を聴くことができるので、HYDEの声やオーケストラが奏でる音色をすみずみまで堪能できました。

1曲目のイントロを聞いた瞬間、少し違和感を最初感じました。

その違和感は「キーが少し高い?」ということでした。

今回のライブでは、『ROENTGEN』の曲はすべてキーが上がっていました。

これがどのような意図があってのことかは、わかっていないですが、キーが上がった分、『ROENTGEN』の重厚で少し暗さのある感じから、少しだけ明るさが増した感じがしました。

このキーの変更は、もしかしたら賛否あるかもしれないですね。
あのアルバムの雰囲気をそのまま出して欲しいという人は、残念って思うのかもしれないです。

自分としては、いろんなアレンジのものが聞けたので、良かったと思っているのですが。

今回のライブでは、個人的にやっと『ROENTGEN』の曲をオーケストラで聴けたことが何より嬉しかったですね。

黒ミサとかで、evergreenとかflowerとかのオーケストラバージョンは何回か聞きましたが、『ROENTGEN』で一番好きな『A DROP OF COLOUR』が聴けたことが嬉しかったです。

HYDEの声もすごい良い感じだったので、すごく引き込まれましたね。

『Red Swan』も今までライブで何回か聞きましたが、一番良かったと思います。
あの高音部分も綺麗に声が出てました。

また新曲がすでに発売されたものも含めて4曲あったのが良かったです。

『ROENTGEN』ツアーをやると決めてから4曲作ったのはすごいなという気がします。

(個人的願望を言えば、ラルクの方にもそれぐらい作って欲しいなぁ~)

新曲の中では、個人的には『THE ABYSS』が一番好きかな。

サビの物悲しい雰囲気が何とも言えなかったです。

新アルバムがどのようになるか、すごく期待しています。

スポンサーリンク

セットリスト

  1. UNEXPECTED
  2. White song
  3. evergreen
  4. OASIS
  5. A DROP OF COLOUR
  6. SMILING
  7. THE ABYSS
  8. DEPARTURES
  9. Red Swan
  10. SHALLOW SLEEP
  11. NEW DAYS DAWN
  12. ANOTHER MOMENT
  13. HONEY
  14. flower
  15. Angel’s tale
  16. THE CAPE OF STORMS
  17. FINAL PIECE
  18. BREAKING DAWN
  19. NOSTALGIC
  20. SECRET LETTERS

コメント

タイトルとURLをコピーしました