【L’Arc】 AS ONE レビュー【ラルク】

AWAKE

ど〜もtoniemonです☆

今回はアルバム『AWAKE』に収録されているAS ONEのレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

曲データ

作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

収録アルバム:AWAKE

再生時間:3分44秒

スポンサーリンク

レビュー

イントロから重厚感あふれるテイストに仕上がった1曲です。

アルバム『AWAKE』の中では一番ヘビーです。

ラルクの全曲の中でもTOP3に入るかもしれません。

 

最初聞いた時の印象は、yukihiro作曲かな?と感じました。

ギターのリフの感じとか、英語詞が多いこととかがそう思わせたかもしれません。

 

AWAKE TOUR 2005では1曲目で出てきますが、この時のメンバーの登場の仕方とかがかっこ良くて好きです。

ライブのメンバー登場曲としては1番ぐらい好きですね。

 

 

スポンサーリンク

カラオケ

カラオケの難易度 ★☆☆☆☆

キーはラルクの曲の中ではあまり高くないので、歌いやすいかもしれません。

しかし、歌いやすいからといって、かっこ良く歌えるかといえば、そうはなかなかいかないのが、この曲です。

 

カラオケでこの曲を歌うときの不満点で、カラオケの音がしょぼい・・・

ギターの生音で歌いたい・・・

 

スポンサーリンク

ギター

ギターの難易度 ★★☆☆☆

難しいリフやギターソロも無く、簡単な部類に入る曲。

ポイントは、ピッキングハーモニクス。

サビに入る直前の

”Why can’t we just live as one”

のところはすべてピッキングハーモニクスで弾きます。

ピッキングハーモニクスの連続する曲はラルクの中でも珍しいです。

音がしっかり出るように練習してみましょう!

 

もう一つはサビ中の

”we’re seeking redemption”

”divine interevention”

の後です。

しっかり、ピッキングハーモニクスの突き抜ける高い音が出るようにしましょう!

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました